​朗読劇「チョコレット」

原作 稲垣足穂 
​脚本 漆崎 隆

「チョコレット」は大正時代の作家・稲垣足穂による短編小説です。稲垣足穂が昔から書きためた200本程度の短編があり、そのうちの何本かをおさめ現在は新潮文庫「一千一秒物語」や河出書房「ヰタ・マキニカリス」に収録されています。足穂の作品には「お月様」「ほうき星」「シガレット」などのきらきらとしたモチーフが頻繁に登場し、お月様に追いかけられた話やポケットから自分を落としてしまった話、自分がお月様を撃ち落してしまう話などなど、抽象的で現実離れしたものが多く、童話やファンタジー、幻想文学的な要素もかなり含まれています。この朗読劇は脚本を漆崎 隆(当会理事)が、子供たちのために「チョコレット」を原作として書き下ろしたもので、「立体紙芝居」のような精緻なオリジナルセットを視覚イメージとして、朗読劇を展開するという手法で制作したものです。

なお、制作にあたっては稲垣足穂氏のご遺族(ご家族)に許諾を申請し、快諾を頂いております。

撮影に使われた精緻なミニチュアセット  制作 岡部泰子(当会理事)
Snapshot_37
Snapshot_41
Snapshot_39
Snapshot_36
Snapshot_38
Snapshot_40
Snapshot_43
Snapshot_3888
Snapshot_4222
Snapshot_16
スタッフ・出演者
脚本   漆崎 隆
監督   岡部泰子
演出   漆崎 隆
撮影   東峰康二
照明   竹平耕一
模型   岡部泰子
効果   梶原 哲
​編集   福田幸一
   ポンピー 五十嵐いおり
   ライラ  佐賀のり子
   ロビン  宮路真人
   お父さん 福田幸一
   お母さん 毛利由佳
   鍛冶屋  漆崎 隆
 ナレーション 髙橋貴美
撮影・収録の様子  
 スタジオ/経専音楽放送芸術専門学校
新型コロナウィルス関連 特別企画事業 第3弾

ことばのひろば 五億の鈴の音

 第4回 児童朗読劇

「赤い手袋」

​2021年東京オリンピック

開催記念事業

2021.8.6 

(予定)

新型コロナウィル再蔓延の状況下

東京オリンピック開催未定につき

​後日、広報いたします。

会員として一緒に楽しく活動しませんか。

 

子どもたちの言葉と心を育む活動にお力をお貸しください。今年はコロナの影響で恒例の夏休みの朗読劇ができませんでした。来年度に向けて、私たちと一緒に活動したり活動を支えていただける個人・団体を募集しています(一般会員・学生会員・法人会員)。

感染が収束すればオープンマイク・夕食会など会員対象の楽しいイベントも企画する予定です。

ことばのひろば 五億の鈴の音

 第2回 ことばの講演会

絵本作家 手島圭三郎

北の自然と私の絵本

「手島先生のご自宅・アトリエ」(講演)と「札幌エルプラザホール」(絵本朗読)

​をZOOMでつなぐハイブリッド中継で実施。

(朗読/五十嵐いおり・髙橋貴美)

会場に来られない方で「記念クリアファイルのみ購入」の方には、

講演・朗読の様子を、3/20~「オンラインでの限定配信」します。

Sale Ends Tomorrow
好評につき 申し込み延長します
オンライン観覧の申し込み
​まだ、間に合います!
クリック/申し込みフォームが開きます
記念クリアファイルを購入の方に後日動画を配信
1,000円/2枚
講演記念オリジナルクリアファイル

特定非営利活動法人 ことばのひろば五億の鈴の音

ことばのひろば 五億の鈴の音 運営事務局/札幌市北区新琴似7条1丁目1の25 恵世ハイツ 2F-7   TEL.090-8896-0028 kotoba.no.hiroba.5billion@gmail.com